<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

14歳おめでとう

飼い犬[E:dog]「桜子」が、14歳になった。



14年前缶詰ひとつ持って、ウチに養女に来た。



第一印象は、「きれいな顔をした柴犬だなぁ。」でした。



その時すでに犬が一匹いたので、いい遊び相手ができたと、喜んだのを記憶しています。



でも5歳違いは、遊び相手にはなりませんでした[E:happy01]。



先住犬「花子」は、どうやらサクラがうっとおしかったようです。



側に来るのを、時々嫌がる素振りをしていたような。。。



ケンカはしませんでしたが、2匹の間に妙な距離感がありました。



花子は9年しか生きませんでしたが、その分サクラが頑張ってくれています。



後ろ足が悪く、目は白内障になり、耳も遠くなりましたが、食欲旺盛で元気なのが、妻さんはウレシーーーーーーーーーーイです[E:scissors]。



もっともっと長生きして欲しいと願っています[E:shine]。








[PR]
by 62happy | 2015-09-12 18:41 |

野良猫の子

一匹の野良猫の子が死んだ。



朝6時過ぎに、護岸の上に放置されているのを見つけた。



いつ死んだのか分からない。



昨日の夕方までは、生きていたのだが。



足を痛めていて、あまり動かなかったので、そう長くはないと思っていた。



1週間前家に来た時は、元気でウロチョロしてたのですが、どこで怪我をしたのか、
その後近くの倉庫で動けず、母猫がそばで守っていた。



母猫は、毎日ウチにご飯を食べに来るので、
わたしがが怪我した子猫に近づいても怒りません。



今朝倉庫の前を通った時、昨日子猫がいた場所に軽トラがあったので、
怪我ではなく、動けず轢死をしたのかも・・・・・。



護岸に子猫を置いたのは、その軽トラの持ち主でしょう。



死んだのは、運命なのでしょうがないと思いますが、
でも護岸に置いてはいけません。



鳥に傷つけられます。



この子猫も、3時間後に行ったら、胴体から腰を、鳥にやられていました。



見つけた時、すぐに埋葬すればよかったのですが。



可哀想な事をしました。



でもちゃんと埋葬しましたよ。



母猫に、子供が死んだ自覚があるのかどうかは分かりませんが、
いつもと変わらずウチに来て、ご飯を食べています。








[PR]
by 62happy | 2015-09-06 17:01 |